ビグマユの世界一周ブログ

2019年4月から、世界へ🌎

ビグマユのブログへようこそ☝

 

 

 

ビグマユ (@mayuotaki) | Twitter 
高校生で不登校。ニュージーランドへ海外留学。いまは、大学3回生。恋人は女の子💐
2019年4月から同性婚が認められている26ヵ国で、ウェディングフォトを撮りまくる📸
そんな世界一周旅へと、日々奮闘中。 2018年夏に、インドでRYT200取得予定のヨガ中毒シャ。 

 

 

過去のブログに囚われていた

 ブログは不労所得になるとうわさで聞いた。自分も参入できないかと思ったのがきっかけで、2016年頃にはてなブログを開設した。アフィリエイトというものは根気を必要とするもので、自分には無理ゲーだと判断してからは、自分が考えたことや感じたことを、つらつら綴るノート代わりにしていた。当時のわたしは、読書経験もなく、文章を書いて誰かに褒められたこともなく、自分でもさんさんたる文章だと分かっていたが、ブログを書き続けていた。そんなブログでも、1年を超えれば4000ビューになるものなのかと感心し、このブログの開設と同時に、稚拙な文章の宝庫だったブログをアカウントごと抹殺した。

 
自分の文章に胸を張っているのでは決してないのだが、過去のブログと比べれば、自分の考えを言語化することができるようになったと思う。あくまで肌感覚でしかないのだけれど。そもそも、わたしは文芸家ではないのだから、語彙の使い方が正確で且つキレイな文章にしなくてもいいのだ、と割り切ったところもある。
 
それでも、自分が書いた文章を読み返すと、げんなりすることがよくある。自分が発信したこと全てを抹殺したいという衝動。Instagramは何度も写真を消してきたし、過去のブログも抹殺した。今書いているこのブログだって、いつか抹殺する時がくるのかもしれない。だから、ブログが書けなかった。稚拙な文章を生み出したくなかった。また、自分にがっかりしたくなかった。自分の理想を思い描いては、それに届かないと決めつけて行動できなかった。

 

だけど、それはもうやめた。

未完成のままでいい。

つたなくてもいい。

ありのままの自分をさらけだして、今日からブログを始めよう、と思った。

 

noteとブログの使い分け

 ブログを始めるにあたって、最近始めたnoteとどう使い分けようか、少し悩んだ。noteは有料コンテンツを発信できたり、広告がなくてスタイリッシュであったり、SEOに特化していないなどといった、違いがある。ブログ(特にはてなブログ)はSEOに強く、グーグルの表示で上位にあがるが、わたしにとってはそれは関係ないような気がする。と、ぐるぐると思考が回るなかで、自分の癖に気が付いた。

 

Twitter→過激、批判的

 

note→溶けそうな感じ

note.mu

こうした気づきから、Twitterとnoteを包括した大枠を、ブログで作りたいと思った。Twitterの引用も、noteの引用も、ふんだんに混ぜたもの。そして、それがビグマユのすべてであると言えるもの。そんなメディアにしたいな、と。もしかしたら日記のようなものでもいいのかもしれない。肩の力が思いっきり抜けて、感情丸出しの文章とか。こんなことを考えながらやっぱり、思うことはいつも同じだ。

 

何事も始めなければ、そこに道はない

 わたしは前に進んでいたいと常々思っている。前に進むということは、「同じ場所に留まらずにより良い方向へ育つこと」だとここでは定義する。同じ場所に留まらないためには、何かをしている状態でいなければいけない。必ずしも、新しいことに毎日挑戦し続ける必要はない。同じことを毎日繰り返していても、そこに成長があれば同じ場所に留まっていないから。でも、始めなかったら、そこには何も生まれていない。

 だから、始めよう。

周りにあるものを全部引っかき集めて。

たとえぼろぼろの靴しかなかったとしても。それを履いて。

 歩き続けよう。

その道の途中で、歩きやすい靴を譲ってくれる人に出会えるかもしれないから。

 歩きながら、考えよう。

 考え事は歩きながらでもできるから。

 

f:id:bigmayu:20180622181157j:image

 

 The way to home, there was a beautiful sunset in front and the uniqe tree stands alone but not seems to be lonely.