ビグマユの世界一周ブログ

2019年4月から、世界へ🌎

ニュージーランドに住む彼の、勇気ある声に💐

f:id:bigmayu:20180722210229j:plain

じぶんが通う大学で撮影してきた

・目次

 


 

ビグマユ🌎#26回結婚式 (@mayuotaki) | Twitter

高校生で不登校。ニュージーランドへ海外留学。いまは、大学3回生。恋人は女の子💐
2019年4月から同性婚が認められている26ヵ国で、ウェディングフォトを撮りまくる📸
そんな世界一周旅へと、日々奮闘中。 2018年夏に、インドでRYT200取得予定のヨガ中毒シャ。 

 

ニュージーランドのゲイの男の子

わたしは高校生の時に日本の学校に行かなくなって、ニュージーランドの高校に留学した過去がある。そのニュージーランドの高校では、日本語の授業が履修出来て、先生の助手みたいな感じで日本語を履修する生徒に教えてた。

 

同じ日本語のクラスを履修していたニュージーランド人の男の子にゲイの子がいて。当時のわたしはLGBTという言葉を知らなくて、(自分はLGBTに該当する人間だったのに笑)「ゲイか、あっそ」という感じだった。それは特に、批判的でも肯定的でもなく、ただただ興味がないという感じだったと思う。

 

でも今は自分のセクシャリティをしっかり認識していて、LGBTや同性婚の日本の社会課題が解決されるように活動してる。そのための情報収集は徹底しているから、LGBTやそれにまつわる話題には日頃から食いついてて、「ゲイか、あっそ」にはならないよ。

 

あと、LGBTやその他少数者が不当な立場に置かれそうになる時に、ものすごい形相でビグマユは怒ります。この前の杉田議員の発言の件は、怒りすぎて泣いた。

 

怒り狂って悲しくて泣いているビグマユ。ちょっと真面目に話すね。

 

ちょっと話がそれちゃった。戻すね。

 

2015年に、わたしはニュージーランドの高校を卒業して、一切彼とは連絡を取っていなくて。でも彼とはFacebookで繋がってたから、彼の近況はいつも確認できてた。そしたらね、彼の最近の投稿にあるニュース記事が掲載されていたの!

 

それは、転向療法を禁止する請願書を国会に提出っていうもの。

 

転向療法ってなに?そう思った方もいるんじゃないかな?

わたしもそのうちの1人だった。

 

転向療法(conversion therapy)ってなに?

 転向療法という言葉を初めて聞いたのは、2018年8月からアメリカやイギリスで公開される『The miseducation of Cameron Post』(原題)の予告を見た時だったの。

 

f:id:bigmayu:20180722232756j:plain

 クロエグレースモレッツちゃん(右)が大好きで、インスタグラムをフォローしてる。そのクロエちゃんが映画の予告を投稿してた時があって、これは!!なんだ!!!わたしの知らない世界だって、おもったからいろいろ調べてみた!

 

あらすじ

主演のクロエグレースモレッツ(右)が同性を好きになり、それを知った保守的な祖母は、治療施設である(神の約束)へと送り込むという90年アメリカを舞台にした映画。その治療施設では、同性愛者を異性愛者に転換されるという治療を行っている。

 

同性愛者を異性愛者に転換する治療とは、カウンセリング、祈り、電気ショックとからしいんだ。

 カウンセリング、祈りっていう名の下で行われているのは、ただの人権侵害。同性愛者である自分は罪のある人間です。って何度も自称カウンセラーの人に言わなければいけなかったり、電気ショックを与えられたりするらしい。

 

 

ニュージーランドの国会に請願書を提出

さっき登場したニュージーランドに住むゲイの彼は、ニュージーランドの国会に「転向療法」を禁止するべきだっていう請願書を提出したんだ。ニュージーランドは、2013年に同性婚が認められてるんだけど、「転向療法」は法律で禁止されていないみたい。

それって、矛盾だよね。

 

だから、彼は行動したんだと思う。社会を変えるために。

そんな彼の活動をFacebook越しでみてラジオ越しで聞いて、とても尊敬した。

 

だから、わたしも「26回結婚式」を頑張ろうっておもえた。

ほんとうにありがとう、Max!

 

詳しく知りたい人は彼のFacebookを見てみてね。

 

【おまけ】

 今回はニュージーランドのお話。

2013年に同性婚が認められたこの国で、

世界中から称賛されたスピーチがあります。

 

www.youtube.com

何か意識が変わる人が多いんじゃないでしょうか。

きっと、ニュージーランドや様々な国で、

同性婚は特別なことじゃなくなった

きっかけのうちの一つになったのではないでしょうか。

 

私たちが活動していることも、

そのきっかけのうちの1つになればいいなと願っています。

 

▼▼▼▼▼

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に #26回結婚式 活動中。

↓インスタグラム更新中↓

www.instagram.com

↓発信媒体一覧はコチラ↓

loveislove.japanさんのPOMU.ME

インタビュー依頼などは、TwitterのDMへ。

質問箱には、質問をポンってしてね。

ビグマユ🌎#26回結婚式の質問箱です | Peing -質問箱-

▼▼▼▼▼▼