ビグマユの世界一周ブログ

2019年4月から、世界へ🌎

内向的な人たちが胸を張って欲しいし、一人で過ごす時間の楽しさをもっと周囲に伝えていってあげて欲しいと思う。─チェコ好きさんより

f:id:bigmayu:20180809210823j:plain

ひとは「一人」と「独り」、「寂しい」と「内向的」を混同している。

 

・目次

 


 

ビグマユ🌎#26回結婚式 (@mayuotaki) | Twitter

 一人旅と読書とアートを愛する「筋金入りの内向型」ブロガーのチェコ好き (@aniram_czech) | Twitterさんが、自身の体験を振り返り、「内向型として生きること」を綴った内向的な人間が社会に向き合い思ったこと。私は寂しくもないし、孤独でもない|チェコ好き』を読んだビグマユは「内向的でもいいじゃん、胸を張ろうよ」って思ったよ。

 あらすじ

 チェコ好きさんは小学生の時から内向的で、一人で読書をしたり、漫画を描いて遊んでいたそう。しかし、チェコ好きさんは「独り」で、「寂しい」だろうと思われたことがあった。でも、チェコ好きさんはそんなことは微塵も思っていなかったという。

おそらく少なくない人が、「一人」と「孤独」と「寂しい」と「内向的」とを、ちょっと混同している。これらの言葉は確かに近しい関係にはあるが、イコールでつながるわけではない。

参照:内向的な人間が社会に向き合い思ったこと。私は寂しくもないし、孤独でもない|チェコ好き | Dybe!

そんな内向的なチェコ好きさんが、会社員時代を振り返ると、外交的な性格でいるほうが何かと暮らしやすいように感じていたそうだった。その理由は、マーティ・O・レイニーの著書『内向型を強みにする』によると、外向型の特徴を持つ人と内向型の特徴を持つ人の割合は、3:1だという。米国の数字をそのまま日本に持ち込むのは難しいが、「そもそも外向型のほうが、人口として多い」と同書は指摘している。

 

つまり、多数派の価値観である外交的な性格によって、社会が動きやすいという。さらに、外向的な性格の人は社交にまつわる活動量が多く、知り合いもたくさんいるため、「運」や「縁」に恵まれやすいという。

 

しかし、内向的な性格を無理して変えることはしなくても大丈夫だと言う。

外交的な性格の持ち主でも、「大人数ワイワイやるよりは、少人数でじっくり」という人もいるし、内向的な性格の人のほうが寂しく感じやすいと思われがちだけど、実際、一人の時間に寂しさを感じないのが内向的な性格で、むしろ他人と時間を過ごすことに充実感を覚える外向型のほうだとも考えられるから。

 

大人になってよかったことは、自分のコミュニティを選べることだし、自然にひかれあった仲間と距離感を保ちながらマイペースで付き合ってられることだという。

 

興味がある方は実際に記事を読んでみてください。

ten-navi.com

 ビグマユは内向的 or 外交的?

 ビグマユは内向的な人です。言葉にした瞬間、2秒で跡形もなく消えてしまうような場所より、その言葉がだれかの胸の中でずっと生きるような言葉を発する少人数の深い話をする会に参加することが好きです。

 

ビグマユが内向的であるのは、ストレングスファインダー無料性格診断テスト| 16Personalitiesから判断することもできます。

 

ストレングスファインダーの結果です↓

  f:id:bigmayu:20180809215540j:image

 3位に、内省という素質が含まれています。自分1人で考えこんで、その内容を誰かと共有して、その想いの丈を述べたり、議論をしたりすることが好きです。大人数でワイワイするより、堰を切ったように誰かが話し出す状況とか、少人数で深い話をするのがほんとうに大好きです。ひとりでいろいろな思慮に耽るとき、もっとも自分が元気になれます。

 

自己理解が好きで、いままでいろいろなサイトの性格診断テストを受けてきました。その中でも、内向型or外向型、直感型or現実型、感情型or思考型、柔軟型or規範型の16分類に分ける診断テストは、心理学に基づいているので、けっこう信じています。(いろんな会社がその診断を無料で提供しています。上記にあげたのはそのうちの1つ!)

 

わたしはその分類によると、INFP型に当てはまります。

f:id:bigmayu:20180809224735p:plain

ここでも、内向型と判断されています。きっと、ビグマユは内向的なのでしょう。

 内向的じゃだめだと思ってた

 わたしは自分が内向的であることを認めながら、それと同時に外交的にならなければいけないというプレッシャーを感じていました。なぜかというと、幼稚園のときに歌った「ともだち100人できるかな」という歌から、その洗脳は始まっていたからです。学校で1人で過ごしていることは恥ずかしいことだという風潮を受けて、いつもだれかとつるんでいなくてはと、おちつかなかった自分がいました。スクールカーストの上位に入るために、上位の人と恋愛して、自分が上位であることをアピールしなければ、陰キャラだと思われてしまう、とも感じていました。

 

でも、大学生になった今、そんなのどうでもいいやと思う自分もいたのです。なぜなら人間の価値は、友達の多さや外交的であるかどうかでは決まらないものだと気が付いたからです。人間の優しさ、情緒深さ、思考力、いろいろな要素も価値になると思ったからです。

 

そんな確信めいたものがありましたが、それと同時に一抹の不安も感じていたことは確かです。SNSからおびただしいほど流れてくる、○○ちゃんとのランチ、同僚と飲み会、サークル合宿の情報で、外交的で大人数とワイワイできる人間の方がこの社会で必要とされているのかと痛感していたからです。

 チェコ好きさんの記事を読んで、ある意味救われた

 ある意味わたしの推測はあっていました。会社に入社したら、求められるのは即戦力や実績ではなく、いかに人とうまくコミュニケーションをとって、上の人に気に入られて、その場をやり過ごせるかという能力です。意図したと思わせないさりげない気配りや、相手の気持ちを良くするような言葉を投げかけれることができる人は、人に恵まれ、その結果「運」までついてくる。

 

そうした特性は内向型の人にはなく、その3分の1の存在である内向型は、多数派に良く思われないことが多いのが実情です。でも、内向型の人たちが少数派であることを活かして、社会でポジション取りをすることはある意味、外向型よりも簡単であると気が付きました。

 

なぜなら、今は「個」の時代に移り変わってきている段階で、ニッチな分野であればあるほどポジション取りが楽になると言われているからです。つまり、外向的な人はレッドオーシャンであり、内向的な人はブルーオーシャンになりやすいということです。

 

また、均一化した社会で多様性が求められている日本社会では、「思想」を持つ人が強いと感じています。いま、何か行動を起こしたとしても、それはもうあたらしいことではないです。なぜなら、あたらしいことはかなり世に出尽くしてしまったからです。既存の行動を新しいものへと変換させるには、その背後に隠された「思想」が大切なのであり、その「思想」が生まれるためには、何らかの原体験と思考する時間が必要です。その人だけの「思想」を生み出すためには、みんなと同じことをするよりも、人と違うこと、つまり一人で考えて行動したことが大切であり、そうした原体験から生まれる思考は、その「思想」をユニークなものにさせます。

 

これは一人でいることを好む内向的な人は、意識せずともしてしまうことだと感じました。チェコ好きさんも、「大学と大学院でチェコ映画におけるブラックユーモアの表現について研究したり、ビジネスでも恋愛でも人間関係でもない、読んでもほとんどタメにならないブログを6年間も書き続けたりと、妙なことをたくさんやってきた」と言っています。

 

そうした人と違うことをし、読書好きのチェコ好きさんの思考は研ぎ澄まされ、素晴らしい文章を書くことができるようになったとわたしは思いました。

 

 内向的でよかったー!って思うことにする

 ビグマユも今は、読書と書くことに傾倒していて、全然外交的ではない状態です。でも読書を通して学びを深めることや、考え事をする毎日が充実していると感じています。「一人」ですが「独り」ではなく、「内向的」ですが、「寂しい」とは思っていません。

 

そんな内向的のひとにも、そのままでいいよー!って伝えたい。

 

▼▼▼▼▼

わたしたちが実現しようとしているのはこれ!企画書を書きました。

「同性婚が認められている海外 26 ヶ国で ウェディングフォトを撮る世界一周旅」
企画書 🌷 - ビグマユの世界一周ブログ

 

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に #26回結婚式 活動中。

↓インスタグラム更新中↓

f:id:bigmayu:20180809134527j:plain

インスタのページにいっぱい写真があります↓↓

26回、結婚式💐26 times Wedding・ Instagram(写真)

 

▼▼▼▼▼▼