ビグマユの世界一周ブログ

2019年4月から、世界へ🌎

2018年の夏休み タイ後半戦

f:id:bigmayu:20180830113255j:plain

世界遺産アユタヤでヨガ

目次

 


 

ビグマユ🌎#26回結婚式 (@mayuotaki) | Twitter

ビグマユは2018年8月21日から8月31日までタイにいました。そこで感じたこと学んだことをここに綴ろうと思います。

 

「2018年の夏休み タイ前半戦」で、緊急時に携帯を使えることは便利ですし、(具体的な事例は次のブログに書きます)、と書いたので、後半戦は、その話からスタートしようと思います。

飛行機に搭乗できなかった...

 8月21日にバンコクに到着し、8月22日にタイのサムイ島というところに向かいました。8月23日はサムイ島で一日満喫。

f:id:bigmayu:20180830122916j:image

そして24日の朝、7時30分の飛行機で、バンコクまで戻る予定でした。

 

飛行機は日本国外(日本からタイなど)という国際線と、タイ国内(バンコクからサムイ島など)という国内線に分かれています。国際線は飛行機の時間の2時間前に、空港に到着していることがベストで、国内線は1時間前という決まりがあります。

 

サムイ島からバンコクは国内線なので、出発の1時間前に空港へ到着しようと、スケジュールを立てました。そしていざ、チェックインのカウンターに着いたら、わたしたちの搭乗は5分前に締め切っていたということで、わたしたちは飛行機に乗ることができなかったのです。

バンコクに帰れなかった

 7時30分の飛行機だと思っていたのに、実際は7時15分だったという間違いが原因でした。国内線のチェックインカウンターは飛行機出発の40分に閉められるので、6時35分に閉まってしまったということ。

たった5分の差で、バンコクへ帰れない事態に。

ですが、わたしたちが搭乗する予定だった、バンコクエアウェイズという航空会社はLCCではないので、こうした乗り遅れた人への対応をしてくださる会社でした。

 

飛行機に空きができたら、乗り遅れた人を乗せるというStand Byというサービスで、わたしたちは飛行機の空きやキャンセルを待ちました。

f:id:bigmayu:20180830122958j:image

朝の7時から、待つこと14時間。結局はわたしたちは当日、どの便にも乗ることは叶いませんでした。

 

スタッフの方に自分たちで新しい航空便をとって、翌日帰るのがベストだろうと言われ、すぐさまsimカードを買っておいた携帯で、飛行機の便を予約しました。もし、いつでも通信できる状態でなかったら、Wi-Fiが飛んでいる場所に移動してから、航空券を予約するという手間がかかっていたところでした。

 

という、緊急時のための説明に長々と飛行機乗り遅れた事件を書いてしまいました。

空港が嫌いになった

 一日中空港のベンチで待ちぼうけ、当日に飛行機に乗れず、お金計6万円・時間計38時間を無駄にし、その次の日からの予定もぐちゃぐちゃになるという最悪な事態になり、わたしは空港が嫌いになりました。

 

もちろん、自分が時間をしっかり把握せず、余裕を持って空港に来なかったからという自己責任だからだろと非難されるのでしょうが、それでも嫌いになりました。(笑)

嫌いになったからこそ、時間の融通が利かない所では、時間や場所をちゃんと確認して、ミスを防ごうという意識が芽生えました。

 

それにしても、6万円を無駄にしたことは今でも悔やまれます。このタイ旅のお勉強代は高すぎでした。

 

何はともあれ、明日はとうとうインドに向かう日となりました。昨晩、フライトの時間を確認したら、出発する空港が別の場所だと、またもや勘違いしていました。あーあ。もうあっぱれって開き直る!!

 

▼▼▼▼▼

わたしたちが実現しようとしているのはこれ!企画書を書きました。

「同性婚が認められている海外 26 ヶ国で ウェディングフォトを撮る世界一周旅」
企画書 🌷 - ビグマユの世界一周ブログ

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に #26回結婚式 活動中。

f:id:bigmayu:20180809134527j:plain

インスタのページにいっぱい写真があります↓↓

26回、結婚式💐26 times Wedding・ Instagram(写真)

▼▼▼▼▼▼